舞踊家アントニオ・アロンソがフラメンコ歌手エストレメーニョと日本人の踊り手たちを率いてフラメンコによる「ベルナルダアルバの家」を東京にて制作、監督した
演奏は鈴木尚のギターに唄エンリケ・エストレメーニョ、ニゲル・デ・バダホそしてギタリスト カルロス・パルドで編曲されていた。

舞踊家であり監督でもあるアントニオ・アロンソが東京新宿文化センターにてフェデリコ・ガルシア・ロルカの作品の一つである「ベルナルダアルバの家」を日本人の踊り手たちとフラメンコ歌手 エストレメーニョによってフラメンコの編曲により上演し大喝采を受けた。

アロンソは8年前より東京に居を構えながら自信のフラメンコ学校を行っている。今回最も挑戦した事はロルカ作品の女性達の持っている本能の部分を日本人の踊り手たちから引き出したことである。

アロンソの演じたペペ・ロマノはこの女性達の家の中にある確率した秩序を壊しながら、しかしそれぞれの場面の一つ一つの繊細さが幻影を残していた。その上、作品の中でマルティネーテ、トナチカ、シギリージャのリズムは憎悪、羨望、嫉妬そして大きな可塑性の中にある甘味に要約されたロルカ作品のエロチシズムを打ち出していた。
back